子供の咳喘息症状・原因・治療法・生活の注意点を紹介

咳大百科は咳でお悩みの方に情報を提供!   

咳大百科ホームへ HOME サイトマップへ サイトマップ 咳大百科お問い合わせへ お問い合わせ           

HOME>子供・赤ちゃん咳>子供の咳喘息

子供の咳喘息(気管支ぜんそく)child&baby

子供の咳喘息 気管支喘息は、乳児には比較的少なく、一歳ごろから増えてくる病気で、息をするときの、
 ゼーゼー、ヒューヒュー、ピーピューという音と、息を吸うときより吐くときのほうが苦しい
 呼気性呼吸困難の発作が特徴です。                                        


       
スポンサードリンク

気管支喘息症状

発作のときの症状は、軽症から重症までさまざまです。軽症だと、眠っているときにヒューヒューという音が聞こえます。重症だと、激しい呼吸困難のために、全身を使ってあえぐように呼吸し、ゼーゼーという音が離れていてもよく聞こえます。また、横になっていることができないで座った姿勢をとり、じっとしているのが苦しいために、動きまわりさらに呼吸困難を悪化させてしまったりします。

重症の発作では睡眠がとれないで、食べ物ものどを通らなくなります。水分がとれないと、痰がますます粘りが強くなり気管支の壁にへばりついて、体が酸性化して症状をひどくさせてしまいます。


気管支喘息原因

気管支粘膜のマスト細胞でアレルギー反応が起こり気管支が細くなり、粘膜がむくんできて気管支の内腔が狭くなる。さらに粘り気の強い濃い痰が、その狭い内腔に詰まるために起こるもので、アレルギーと感染がおもな原因となっています。他には心因性のものや神経の失調などが原因となり関係していることもあります。

アレルギーの場合は、鶏卵、牛乳、大豆などの食べ物、家の中のほこり、そこに含まれているダニの死がいや糞、家具、衣類、花粉、猫や犬の毛、カビ類などにカビ類などに反応し発作が起こります。

過労や精神的な疲れ、大気汚染、タバコ、花火、線香の煙が誘引となることや、気象の変化も影響しています。喘息が梅雨の時や秋に多くみられるのはそのためで、台風、前線の発生時や接近したときなどに発作を起こす子供も多いです。

心因性のものだと、学校がきらいで、叱られたり、両親と離れて過ごさなければならないことなどが原因となり発作を起こします。



気管支喘息治療

もっとも大切なことは、喘息を起こしている原因物質を突き止めて、それを排除することです。部屋にカーペットを敷かない、タンスの上に物を置き埃がつくようなことはしない、ペットの動物は飼わない、人形やぬいぐるみなどは洗えるものにする、まわりの大人たちはタバコを吸わないようにするなど、発作を起こしやすい状態や環境を作らないことが大切です。

発作時の治療には、気管支を広げる薬の注射、吸入あるいは服用が行われます。水分が不足ぎみになるため点滴をすることもあります。重症の場合は酸素を与えたり、副腎皮質ホルモン剤が用いられることもあります。

喘息の治療薬には、発作を予防するために毎日使う長期管理薬(コントローラー)と、発作時に使う発作治療薬(リリーバー)があります。同じ種類の薬でも、即効性のある薬は発作治療薬として使われ、効き目がゆるやかで長く続くものは長期管理薬として使われます。

気道の慢性的な炎症を抑える薬には吸入ステロイド薬があります。このステロイド薬は喘息の炎症抑制のために、第一に使用する薬です。



生活の注意点

日常生活では過保護を避けるようにします。不安感を与えると症状がひどくなる傾向があるので、親は心配を外にあらわさないことが非常に大切です。

積極的に体を鍛えさせます。規則正しい生活をさせて、自信をもたせるようにして精神的影響が出ないように心がけることが大事です。
スポンサードリンク

咳の診断チャート
子供と赤ちゃんの咳

コラム

スポンサードリンク


咳大百科について咳大百科

はじめての方
お問い合わせ
リンク集