喘息はアレルギー体質であることが多い コラム

咳大百科は咳でお悩みの方に情報を提供!   

咳大百科ホームへ HOME サイトマップへ サイトマップ 咳大百科お問い合わせへ お問い合わせ           


 HOMEコラム>喘息はアレルギー体質であることが多い

「喘息はアレルギー体質であることが多い」コラムcolumn

                                        
                      

スポンサードリンク


喘息はアレルギー体質であることが多い

気管支喘息は、年々増加している傾向がある呼吸疾患の代表格であります。発作が出たときは、気管支が狭くなって、呼吸のたびに喘鳴がみられるのが主な症状です。咳や痰が出て、呼吸困難におちいってしまうこともあります。
気管支喘息の発作が起こる原因のすべては解明されてはいませんが、アレルギーが深く関与していると考えられています。アレルギーを引き起こしやすい体質の人が、カビやダニなどのアレルゲンを吸い込んだことによって気道が反応し発作が起きてしまうのです。

アレルゲンとなるものには、花粉、カビ、ダニ、ゴキブリ、ペットのふけなどがあります。

アレルギーや感染により、気道に炎症が起きて、慢性的に粘膜が傷ついた状態は、アレルゲンの少しの刺激でも過敏に反応して、発作を繰り返すようになります


スポンサードリンク






咳の診断チャート
子供と赤ちゃんの咳

コラム

スポンサードリンク


咳大百科について咳大百科

はじめての方
お問い合わせ
リンク集